MENU

ちょっとワガママで素直な「構ってちゃん」が男性には魅力的

「ブリっ子」という言葉は今や死語になりました。
同じ様な性格の女性で今や「構ってちゃん」という種族が現れています。
しかしこの「構ってちゃん」は本当に構って欲しいだけで、「ブリっ子」のような作為的を感じないことから男性受けが良いとされています。

 

1.他の女性と自分を比べない

 

構ってちゃんは、自分を構って欲しい時には男性にまとわりつきますが、他の女性が構われている時には殆ど興味を示さず会話に無理やり入ってくることはしません。
他の女性と自分を比べることはしないので、ライバル意識を燃やさないという良さがあるのです。
これは男性だけではなく、同性からも好かれる要因になります。

 

2.会話が明るい

 

構ってちゃんは、一緒にいることで楽しい気分になれるように努力をします。
自分に構ってくれる男性に対しては混じりッ気のない好意と敬意を表しているからなのです。
逆に男性がつまらなさそうにしているのを見ると、構ってちゃんが一転して困ったちゃんになってしまいます。
そんな心の優しさがにじみ出ていることから、男性が放っておかないのです。

 

3.ちょっと天然系

 

構ってちゃんは、天然のボケが入っていることが多いです。
話してみるとおっとりしていて、天然ボケのところがあります。
しかし決して人の話を聞いていない訳ではなく、なんとなく一歩違った部分に興味の対象を持ってくるところが新鮮に見えるのです。

 

4.引き際が潔い

 

構ってちゃんは、決してしつこくしません。
もしも一度断られたのなら、その日はあっさりと諦めます。
しかし何日か経つとすっかりと忘れてまた構ってちゃんになるのです。
この懲りない態度が男性にとっては非常に健気に思えるところなのです。

 

終わりに

 

構ってちゃんは周囲の人間に嫌われるどころか、本当に構って上げたいと言う気持ちにさせます。
何故なら、彼女を構うことにより、自分も幸せな気分になれるからなのです。