MENU

こんな束縛はNG!彼に嫌われてしまう束縛とは

彼氏のことが好きすぎてついつい束縛してしまうという女性も多いのではないでしょうか。
少しの束縛は可愛く感じるのですが、束縛をし過ぎたり束縛する内容によっては重くなって彼氏に嫌われてしまいます。
そこで今回は彼氏に嫌われる重い束縛とはどのようなものかを紹介していきます。

 

誰と連絡をとっているのか気にする

彼が携帯で頻繁に誰かとやり取りしていると、不安になるかもしれません。
しかし相手は誰かしつこく探ると、彼は「重い」と感じたり「浮気を疑われている」と感じたりします。
彼の交友関係を探るより、2人の時間を充実させることを大切にしましょう。

 

連絡を強制する

連絡がないと不安になるからと、毎日のメールや電話を強制してはいけません。
「返信まだ?」「このメールを見たらすぐに電話して」などの催促も彼にとっては重荷になります。
電話やメールはお互い楽しい気持ちになってこそ意味があるのです。
もっとメールや電話をしたいのなら、強制したりしつこく送ったりせずに、楽しくて返信しやすい話題をふってみましょう。

 

「○○しちゃだめ」と勝手に決める

「女の子のいる飲み会には行っちゃだめ」など彼氏にしてほしくないことは色々あると思います。
しかし、それを一方的に押し付けてはいけません。
1つ2つなら可愛いかもしれませんが、制限が増えていくうちに窮屈になってきます。
かといって、彼氏の行動すべてに我慢する必要はありません。
きちんと話し合いの場を設けて「合コンはダメだけど知っている相手との飲み会ならOK」などお互い納得できるラインを決めましょう。

 

おわりに

このような束縛はとても重く感じ、すればするほど相手が離れていきます。
どうしても不安なことや本当に嫌だと感じることは、束縛する前に冷静に話し合えば良いのです。
彼に自分の気持ちを押しつけることは避け、お互いが楽しいと思える付き合いをしていきましょう。